読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DRY

Web関連の技術の事、食事/お酒の事、旅行の事など

MacでElasticSearchをインストールしてMySQLのデータを日本語検索する

Mac Elasticsearch

ElasticSearch本体のインストール

brew install elasticsearch

Plugin関連

Elasticsearch Head (クラスタ管理)

plugin -install mobz/elasticsearch-head

Marvel (クラスタモニタリングツール)

plugin -install elasticsearch/marvel/latest

http://localhost:9200/_plugin/marvel

f:id:ke-16:20141030141204p:plain

Inquisitor Plugin (クエリのデバッグ)

plugin -install polyfractal/elasticsearch-inquisitor

http://localhost:9200/_plugin/inquisitor/#/

f:id:ke-16:20141030141018p:plain

Kuromoji (日本語形態素解析エンジン)

plugin -install elasticsearch/elasticsearch-analysis-kuromoji/2.3.0

今回のメインの目的でもあるKuromojiのインストール
GitHubのページを見ると es-1.3系は Kuromoji2.3.0のようなので2.3.0をインストール

jdbc-connecterのインストール(この時の最新版5.1.33)

ダウンロードしてお好きな位置に配置

/Users/user_name/mysql-connector-java-5.1.33 に($HOME以下)配置

vi ~/.bashrc
# 追記
export CLASSPATH=$CLASSPATH:/Users/user_name/mysql-connector-java-5.1.33/mysql-connector-java-5.1.33-bin.jar
source ~/.bashrc

River (MySQLからデータを取り込み)

plugin --install jdbc --url http://xbib.org/repository/org/xbib/elasticsearch/plugin/elasticsearch-river-jdbc/1.3.4.4/elasticsearch-river-jdbc-1.3.4.4-plugin.zip

GitHubのReadmeにてmysql-connector-java-5.1.33-bin.jarをコピーする必要があるとの記載があるので、インストールディレクトリを確認する

>-> Installing jdbc...
>Trying http://xbib.org/repository/org/xbib/elasticsearch/plugin/elasticsearch-river-jdbc/1.3.4.4/elasticsearch-river-jdbc-1.3.4.4-plugin.zip...
>Downloading .........................................................DONE
>Installed jdbc into /usr/local/var/lib/elasticsearch/plugins/jdbc

MySQL JDBC driver を $ES_HOME/plugins/jdbc/ にコピー

cp /Users/user_name/mysql-connector-java-5.1.33/mysql-connector-java-5.1.33-bin.jar /usr/local/var/lib/elasticsearch/plugins/jdbc

これでPlugin関連のインストールはOKなので

ElasticSearchの起動

$ elasticsearch

動作確認

Test indexの作成

curl -XPUT 'http://localhost:9200/test/'
戻り値
{"acknowledged":true}

defaultのanalyzerで検証

curl -XGET 'http://localhost:9200/test/_analyze?pretty=true' -d '東京都渋谷区' 戻り値

"tokens" : [ {
  "token" : "東",
  "start_offset" : 0,
  "end_offset" : 1,
  "type" : "<IDEOGRAPHIC>",
  "position" : 1
}, {
  "token" : "京",
  "start_offset" : 1,
  "end_offset" : 2,
  "type" : "<IDEOGRAPHIC>",
  "position" : 2
}, {
  "token" : "都",
  "start_offset" : 2,
  "end_offset" : 3,
  "type" : "<IDEOGRAPHIC>",
  "position" : 3
}, {
  "token" : "渋",
  "start_offset" : 3,
  "end_offset" : 4,
  "type" : "<IDEOGRAPHIC>",
  "position" : 4
}, {
  "token" : "谷",
  "start_offset" : 4,
  "end_offset" : 5,
  "type" : "<IDEOGRAPHIC>",
  "position" : 5
}, {
  "token" : "区",
  "start_offset" : 5,
  "end_offset" : 6,
  "type" : "<IDEOGRAPHIC>",
  "position" : 6
} ]
}

Kuromojiのanalyzerで検証

curl -XGET 'http://localhost:9200/test/_analyze?pretty=true&analyzer=kuromoji' -d '東京都渋谷区' 戻り値

$ curl -XGET 'http://localhost:9200/test/_analyze?pretty=true&analyzer=kuromoji' -d '東京都目黒区'
{
  "tokens" : [ {
    "token" : "東京",
    "start_offset" : 0,
    "end_offset" : 2,
    "type" : "word",
    "position" : 1
  }, {
    "token" : "都",
    "start_offset" : 2,
    "end_offset" : 3,
    "type" : "word",
    "position" : 2
  }, {
    "token" : "渋谷",
    "start_offset" : 3,
    "end_offset" : 5,
    "type" : "word",
    "position" : 3
  }, {
    "token" : "区",
    "start_offset" : 5,
    "end_offset" : 6,
    "type" : "word",
    "position" : 4
  } ]
}

問題無く動作しているのでIndexの削除

curl -XDELETE 'http://localhost:9200/test'
戻り値

{"acknowledged":true}

最後にMySQLからデータの流し込み

ElasticSearch 側に kuromoji を使った検索インデックスを作成

curl -XPUT http://localhost:9200/test_kuromoji -d '{ "index": { "analysis": { "tokenizer": { "kuromoji_user_dict" : { "type":"kuromoji_tokenizer" } }, "analyzer": { "analyzer": { "type":"custom", "tokenizer": "kuromoji_user_dict" }}}}}'

Riverを使って、作成したインデックス(test_kuromoji)に MySQLデータベースサーバーからデータを取り込み

MySQLlocalhost
データベース名 = elasticsearchtest
test_table からデータを流し込む想定

curl -XPUT http://localhost:9200/_river/my_jdbc_river/_meta -d '{ "type": "jdbc", "jdbc": { "url": "jdbc:mysql://localhost/elasticsearchtest", "user": "root", "password": "password", "sql": "select * from test_table", "index": "test_kuromoji", "type": "test" }}'

最後にnameフィールドから"test"で検索してみる

curl -XPOST http://localhost:9200/test_kuromoji/_search?pretty -d '{ "query": { "query_string": { "query": "name:テスト" } } }'

例えばidフィールドのみ取りたい場合

curl -XPOST http://localhost:9200/test_kuromoji/_search?pretty -d '{ "query": { "match": { "name": "テスト"}}, fields: ["id"] }'

例えばさらにcreatedでソートして取りたい場合

curl -XPOST http://localhost:9200/test_kuromoji/_search?pretty -d '{ "query": { "match": { "name": "テスト"}}, fields: ["id"], sort: [{created: {order: "desc"}}] }'

MySQLのFULLTEXTINDEXより、メチャクチャ速くなっていいのですがフロントのWebで検索エンジンとして使いたかったら、ページャー自作するしかないんですかね? 今時ページャー自作ってなーと。。。

参考サイト

http://dotnsf.blog.jp/archives/1005246681.html http://dotnsf.blog.jp/archives/1005213909.html http://tech.gmo-media.jp/post/70245090007/elasticsearch-kuromoji-japanese-fulltext-search http://qiita.com/yutori_enginner/items/bec071b2d9278f1b7e8f

各種ライブラリリンク先

http://www.elasticsearch.org/overview/elkdownloads/ http://xbib.org/repository/org/xbib/elasticsearch/plugin/elasticsearch-river-jdbc/ https://github.com/elasticsearch/elasticsearch-analysis-kuromoji

Rails + Grape と nginx + リバースプロキシでRESTfulなAPIサーバーを作ってみる

nginx Ruby / Rails

Rails + Grape と nginx + リバースプロキシでRESTfulなAPIサーバーを作ってみる

題名の通り、RESTfulなAPIサーバーを作りたくて最近の私の流れからRubyでやろうかなと。

ruby-toolboxAPI_Buildersなどで見るとGrapeというのが一番人気なようでしたのでコレにしました。
この公式のGitHubにサンプルがたくさんあるのも良い点かと思います。

それで公式サイト以外にも検索して、Grapeのお作法みたいのをいろいろ調べたのですが、幾つかやり方とか書き方があるみたいでコレが正解とういうのはハッキリとは無さそうです。

ですので私のやり方以外にも多々書き方はあるかと思います。

更に、私はまだまだRuby on Rails + somethingは初心者の域を出ていないので、、、

以上よりGrapeを使用してAPIを作成しました。

またRailsを絶対に使う必要は無いと思いますが、結局多くの場合DBと連動するのでやはりmigrateが優れているRailsを使用しました。
(今は他のFWの学習コストを掛けたく無いなというもあります、、、)

なのでまずはいつも通りRailsの環境を用意します。

gem 'rails', '4.1.5'

# For Grape API
gem 'grape'
gem 'grape-rabl'
gem 'grape-jbuilder'
  • その他多数。
  • railsは4.1.5で動いているので一応記載。

ディレクトリ構成はこんな感じにしました。

f:id:ke-16:20140911185352p:plain

通常のRailsの構成に、 api ディレクトリを足した形にしました。
検索するとcontrollersの中にapiディレクトリを切ってる方もいらっしゃいましたが特に制約は無いように思います。

今回は例として、Userに関する情報を扱うAPIとカテゴリ情報を扱うAPIを定義してみます。

以下編集していくファイルです


app/endpoint.rb

まずはGrape::APIを継承しているEndpoint::APIというクラスを作成します。
これでv1以下に設置されているAPIのmountを行い、定義されていないAPIのpathはすべて404で拾うようにしました。

require 'v1/user_api.rb'
require 'v1/category_api.rb'

module Endpoint
  class API < Grape::API
    mount UserApi::APIv1
    mount CategoryApi::APIv1

    route :any, '*path' do
      error!({ error:  'Not Found',
        detail: "No such route '#{request.path}'",
        status: '404' },
        404)
    end
  end
end

config/routes.rb

大本のroutesは先ほどのEndpoint::API "/api" でアクセスするよう向けてあげます

Rails.application.routes.draw do

  mount Endpoint::API => '/api'

end

こんな感じになります。

$ rake routes
      Prefix Verb URI Pattern Controller#Action
endpoint_api      /api        Endpoint::API
app/v1/user_api.rb

実際のuserに関する処理を行うAPIの実体ですね。 ファイル名はrailsの命名ルールに則って、 "_api" を付けてます。

module UserApi
  class APIv1 < Grape::API
    format :json
    default_format :json
    version "v1", using: :path

    helpers do
      # Model User のStrong parameterをここで定義
      def user_params
        ActionController::Parameters.new(params).permit(:id, :name, :device_id, :status, :signed_out)
      end
    end

    resource :user do # ここで定義したresourceがURLになります。(=/api/v1/user)

      desc "Return each user data"
      # GET /api/v1/user/:id
      get ':id' do
        User.find(params[:id])
      end

      desc "Return all user datas"
      # GET /api/v1/user
      get do
        User.all
      end

      desc "Update a status"
      params do
        requires :id, type: String, desc: "Status ID."
        requires :status, type: String, desc: "Your status."
      end
      put ':id' do
        current_user.statuses.find(params[:id]).update({
          status: params[:status]
          })
      end

      desc "Delete a status"
      # Don't allow to delte user from api

      desc "Entry new user"
      # POST /api/v1/user

      # For example, the request should be like this
      # curl -d '{
      #  "id": "39784",
      #  "name": "test_user_39784",
      #  "device_id": "xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx",
      #  "status": "",
      #  "sigined_out": false
      #  }' -X POST -H "Content-Type:application/json, Accept-Version:v1" https://localhost:3000/api/v1/user

      params do
        requires :id, type: String
        requires :name, type: String
        requires :device_id, type: String, regexp: /^[0-9A-Za-z_-]+$/
        optional :status, type: String, desc: "Your status."
        optional :signed_out, type: Boolean, default: false
      end

      post do
        @user = User.new(user_params);
        @user.save!

        # Return created
        status 201
      end
    end
  end
end

REST設計  

機能 method + URL
ユーザ一覧を取得 GET /api/v1/user
1ユーザを取得 GET /api/v1/user/1
新しいユーザを追加 POST /api/v1/user
既存のユーザを修正 PUT /api/v1/user/1
既存のユーザを削除 DELETE /api/v1/user/1

このRESTの思想に沿って、それぞれ定義してあります。
例では、APIからのユーザ削除は受け付けない(定義してない)など。

登録する時の "# POST /api/v1/user" などが一番需要があるかと思いますが、 "params do" 内を見て頂くと この例では、POSTで引数にjson形式のデータを受け取る定義になっています。

user_api.rb上部にて
default_format :json
version "v1", using: :path

jsonの中身は、id, name, device_idは必須としていて、statusとsigned_outは無くても良くしてあります。
またdevice_idは正規表現で形式を絞ってあります。
このような形でsave!で例外が発生しなければ、response:status_codeを201で返します。

さらに、 "helpers do" 自由にhlper関数を定義できるのでここではUserテーブルのStrong Parameterを定義してあります。

それで後はAPIをV2にバージョンアップしたければ、それぞれクラス毎にアップデータできます。
概要が飲み込めれば比較的簡単に短時間でAPIが作成できるので、とても便利なモジュールだと思います。  

ただこのままですとURLにバージョンが入っていてイケてないので、次のエントリーでnginxの設定でアクセス元が何も変更すること無く バージョンを切り替えられるよう対応したいと思います。

nginx / ruby / unicorn を作りたいDockerfile

nginx Ruby / Rails

centosに、ベースとなる環境作成したければこんなイメージになるかと

FROM centos

# Install initail modules
RUN yum update -y
RUN yum -y install gcc gcc-c++ make openssl-devel build-essential curl openssl openssl-devel readline-devel readline compat-readline5 git zlib1g-dev libssl-dev libreadline-dev libyaml-dev ruby-devel svn autoconf bison

RUN yum -y --enablerepo=epel,remi,rpmforge install libxml2 libxml2-devel
RUN yum -y --enablerepo=epel,remi,rpmforge install libxslt libxslt-devel

RUN yum -y install sqlite-devel
RUN yum -y install vim
RUN yum -y install sudo
RUN yum -y install passwd
RUN yum -y install tar
RUN yum -y install python-setuptools

# Install SSH
RUN yum -y install openssh
RUN yum -y install openssh-server
RUN yum -y install openssh-clients
RUN yum -y install mysql-client mysql-devel mysql-shared

#RUN passwd -f -u ec2-user
#ADD ./authorized_keys /home/ec2-user/.ssh/authorized_keys



# Create User
RUN useradd docker
#RUN echo 'docker:dockerpasswd' | chpasswd
RUN yes docker | passwd docker

# Set up SSH
#RUN mkdir -p /home/docker/.ssh
#RUN chown docker /home/docker/.ssh
#RUN chmod 700 /home/docker/.ssh
#ADD authorized_keys /home/docker/.ssh/authorized_keys
#RUN chown docker /home/docker/.ssh/authorized_keys
#RUN chmod 600 /home/docker/.ssh/authorized_keys


RUN sed -ri 's/UsePAM yes/#UsePAM yes/g' /etc/ssh/sshd_config
RUN sed -ri 's/#UsePAM no/UsePAM no/g' /etc/ssh/sshd_config
#RUN service sshd start
#RUN service sshd stop


# Insatall rbenv, ruby-build
RUN git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git /root/.rbenv
RUN mkdir -p ~/.rbenv/plugins
ENV PATH /root/.rbenv/bin:$PATH
RUN echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> /etc/profile.d/rbenv.sh
RUN echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> .bashrc
RUN bash -lc 'source .bashrc'

RUN git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

# Install Ruby
ENV CONFIGURE_OPTS --disable-install-doc
RUN echo 'gem: --no-rdoc --no-ri' >> /.gemrc

RUN bash -lc 'rbenv install 2.1.2'
RUN bash -lc 'rbenv rehash'
RUN bash -lc 'rbenv global 2.1.2'
RUN bash -l -c 'ruby -v'

RUN bash -lc 'gem install bundler'

# clone application form github
RUN mkdir -p /var/www
RUN git clone https://github.com/YOUR_REPOSITORY/YOUR_PROJECT.git /var/www/rails
WORKDIR /var/www/rails

# Set up rails
RUN bash -l -c 'bundle config build.nokogiri --use-system-libraries'
RUN gem install nokogiri -v '1.6.2.1' -- --use-system-libraries --no-rdoc --no-ri
RUN gem install mysql2 -v '0.3.16' --no-rdoc --no-ri

#RUN bash -l -c 'bundle install'
#RUN bash -l -c 'bundle exec rake db:create RAILS_ENV=production; bundle exec rake db:migrate RAILS_ENV=production'
#RUN bash -l -c 'bundle exec rake master:import'
#ADD ./secrets.yml /var/www/rails/config/secrets.yml

# nginx
RUN rpm -ivh http://nginx.org/packages/centos/6/noarch/RPMS/nginx-release-centos-6-0.el6.ngx.noarch.rpm
RUN yum -y install nginx


# Install MySQL Client
RUN yum -y --enablerepo=remi,epel,rpmforge install mysql-client mysql-devel

# Install supervisord
RUN easy_install supervisor

# supervisord
RUN echo_supervisord_conf > /etc/supervisord.conf
RUN echo '[include]' >> /etc/supervisord.conf
RUN echo 'files = supervisord/conf/*.conf' >> /etc/supervisord.conf
RUN mkdir -p /etc/supervisord/conf/
ADD supervisor.conf /etc/supervisord/conf/service.conf

EXPOSE 22 80 3000
CMD bash -l -c 'bundle exec rails s'

# Run supervisord at startup
CMD ["/usr/bin/supervisord"]

GitHub Pagesがとても便利な件

GitHub

スタティックなページを楽にサクサクと作るというような事があまり最近は無かったので知らなかったのですが GitHub Pagesがとても便利だったのでメモを残しておきます。

xxx.github.ioとかでも作成したページは見れるのですが、普通は独自のドメインでやりたいはずです。

通常自分で独自ドメインGitHub Pagesを作りたい場合は

  • GitHubアカウント
  • 独自ドメイン(お名前ドットコムでもどこでも)
  • 設定いじれるDNSサーバ(Route53でも何でも)

を準備して、リポジトリ名:<アカウント名>.github.io で作ったものに対してCNAMEという名前のファイルを作成して向ければいいようです。 具体的にはリポジトリ内にCNAMEを作成して、向けたいドメインを記載しリポジトリにプッシュします。

$ dig あなたの独自ドメイン

; <<>> DiG 9.8.3-P1 <<>>あなたの独自ドメイン
;; global options: +cmd
;; Got answer:
;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NOERROR, id: 18669
;; flags: qr rd ra; QUERY: 1, ANSWER: 3, AUTHORITY: 0, ADDITIONAL: 0

;; QUESTION SECTION:
;あなたの独自ドメイン.        IN  A

;; ANSWER SECTION:
あなたの独自ドメイン. 300 IN  CNAME   <あなたのアカウント名>.github.io.
<あなたのアカウント名>.github.io.   1349    IN  CNAME   github.map.fastly.net.
github.map.fastly.net.  20  IN  A   103.245.222.133

のように向けたいドメイン<あなたのアカウント名>.github.ioのCNAME になっていれば成功です。
とっても簡単で便利ですね〜

Circle Ciでlocalhostへ設定してあるfluentdを使用する方法とcircle.yml

現在とあるRuby on RailsのプロジェクトでCircle Ciを使っているのですが、その中でfluent-logger-rubyを使っています。

Fluent::Logger::FluentLogger.open(nil, :host => localhost, :port => 24224)

こんな感じですね。 それでこれをまんまCircle CiでRspecしようとすると、当然Circle Ciのログで

ERROR -- : Failed to connect fluentd: Connection refused - connect(2) for "localhost" port 24224

とエラーが出てfailしてしまいます。

どうしたものかわからなかったので、Live Supportに問い合わせたところ「sudo出来るように設定を変更するので、そこでapt getでもして」という回答をもらったので、それを反映したcircle.ymlがこちら

machine:
  ruby:
    version: 2.1.2

dependencies:
  pre:
    - curl -L http://toolbelt.treasure-data.com/sh/install-ubuntu-precise.sh | sh
    - sudo cp config/circle/td-agent.conf /etc/td-agent/td-agent.conf
    - sudo /etc/init.d/td-agent stop
    - sudo /etc/init.d/td-agent start

database:
  override:
    - mv config/circle/database.yml config/database.yml
    - bundle exec rake db:create db:migrate db:seed --trace

Circle Ci用の設定ファイルが複数になったので、config/circle/ 以下に入れています。

config/circle/td-agent.confの中身は単純にこんな感じです

<source>
  type forward
  port 24224
  bind 0.0.0.0
</source>
<match **>
  type stdout
</match>

これでRspecがfluentdアクセスの部分でエラーを吐く事は無くなりました。
でもCircleCi + fluentd 使ってる方たちって他どうやってるんでしょうかね?検索してもあまり事例なかったので。

あとついでにもう一つ気になっているのが、EC2上のサーバにDeployする時のSSHのSecurityGroupの設定なんですが これも皆さんどうしてるものなんですかね?

今回は別途chefでサーバを作っていますが、capistranoからaws-sdkを用いてもDockerだとしても、CircleCiからEC2サーバに何かさせる時に どうするか?という点では同じかと。

CircleのSourceで全部やってるんですかね???

なので該当のサーバからtemporaryで空けてやっています。
そのスクリプトはこのクラスメソッドさんのエントリ のが良いので 参考にさせて頂いて、このDeploy用のIAM circleciを用意して都度Open/Closeしています。

具体的には
config/circle/openssh.sh

    #!/bin/sh
    export AWS_ACCESS_KEY_ID=<AWS_ACCESS_KEY_ID>
    export AWS_SECRET_ACCESS_KEY=<AWS_SECRET_ACCESS_KEY>
    export AWS_DEFAULT_REGION=ap-northeast-1

    MYSECURITYGROUP=<MYSECURITYGROUP>
    MYIP=`curl -s ifconfig.me`

    aws ec2 authorize-security-group-ingress --group-id $MYSECURITYGROUP --protocol tcp --port 22 --cidr $MYIP/32

config/circle/closessh.sh

    #!/bin/sh
    export AWS_ACCESS_KEY_ID=<AWS_ACCESS_KEY_ID>
    export AWS_SECRET_ACCESS_KEY=<AWS_SECRET_ACCESS_KEY>
    export AWS_DEFAULT_REGION=ap-northeast-1

    MYSECURITYGROUP=<MYSECURITYGROUP>
    MYIP=`curl -s ifconfig.me`

    aws ec2 revoke-security-group-ingress --group-id $MYSECURITYGROUP --protocol tcp --port 22 --cidr $MYIP/32

ただし、現状のCircleCiのUbuntuに入っているawsコマンドはバージョンが古いのでこれをそのまま事項すると

--group-id: mispelled meta parameter?

とエラーになってしまうので、バージョンUPするコマンドもcircle.ymlに忍ばせています。

machine:
  ruby:
    version: 2.1.2

hosts:
  localhost: 127.0.0.1
  staging-web: xx.xx.xx.xx

dependencies:
  pre:
    - curl -L http://toolbelt.treasure-data.com/sh/install-ubuntu-precise.sh | sh
    - sudo cp config/circle/td-agent.conf /etc/td-agent/td-agent.conf
    - sudo /etc/init.d/td-agent stop
    - sudo /etc/init.d/td-agent start
    - sudo pip install awscli

database:
  override:
    - mv config/circle/database.yml config/database.yml
    - bundle exec rake db:create db:migrate db:seed --trace

deployment:
  staging:
    branch: master
    commands:
      - sh config/circle/openssh.sh
      - bundle exec cap staging deploy
      - sh config/circle/closessh.sh

といった感じなのですが。
欠点は全体的に時間がかかってしまう事ですかね〜

Error:Execution failed for task ':app:processDebugManifest'.

Android Studioにて下記エラーが発生した祭の対応方法

Error:Execution failed for task ':app:processDebugManifest'.
Manifest merger failed with multiple errors, see logs

Android Studioのバージョンは現時点で最新の0.8.2

f:id:ke-16:20140806165859p:plain

追加インストールしたAndroid SDKは * Android SDK Tools
* Android SDK Platform-tools
* Android SDK Build-tools
* Android L
* Android 4.4W
* Android 4.4.2
* Android Support Repository
* Android Support Library

です。

それで上記のようなエラーが出るので、logを見てみると

uses-sdk:minSdkVersion 8 cannot be smaller than version L declared in library com.android.support:support-v4:21.0.0-rc1

というログが出ていました。 調べていると * uses-sdkを削除する * Manifest.xmlのmanifestタグに xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools" を追記する

など幾つか出てきましたが、結局は

compile 'com.android.support:support-v4:+'

が悪さをしていました。

app/build.gradleのdependenciesセクションの記載を以下の追加or変更するか、

dependencies {
    # ここに他にもcompile files記載があるかもしれません
    compile 'com.android.support:support-v4:20.0.0'
}

あるいは、Android Studioのmenu->File->Project Structure->Dependenciesタブから

f:id:ke-16:20140806165856p:plain

のcompile 'com.android.support:support-v4:+'を削除し、代わりに

compile 'com.android.support:support-v4:20.0.0'

を追加することで解決出来ました。

EC2にruby + nginx+passengerをインストールする

nginx Ruby / Rails

Macからchefを用いてEC2にruby + nginx + passengerをインストールする方法

先日 nginx+unicorn の記事を書いたばかりなのですが、ActionController::Liveを使いたい状況になって ActionController::LiveはPassengerかPumaじゃないと動かないと知ったためPassenger環境を作る事にしました。

Passenver vs Pumaはこちらの記事を参考にPassengerにしようと。

参考


インストール後の全体的なバージョン

  • $ rbenv -v
    rbenv 0.4.0-98-g13a474c

  • $ ruby -v
    ruby 2.1.2p95 (2014-05-08 revision 45877) [x86_64-linux]

  • $ /usr/local/nginx/sbin/nginx -v
    nginx version: nginx/1.4.7

  • $ passenger -v
    Phusion Passenger version 4.0.48

"Phusion Passenger" is a trademark of Hongli Lai & Ninh Bui.


ハマったのは2つ

  • コンパイルが通らない

    passenger-install-nginx-moduleが動き出して、だいぶ待ったあとに

    virtual memory exhausted: Cannot allocate memory
    rake aborted!

と出たのですが、これはもう言葉の通りでEC2のt2.microではメモリが足りなくてコンパイル出来ませんでした。
t2.small以上を選択する必要があります。

  • nginxが起動出来ない

    nginx startすると

    nginx: [alert] Unable to start the Phusion Passenger watchdog because its executable (/usr/local/rbenv/versions/2.1.2/lib/ruby/gems/2.1.0/gems/passenger-4.0.48/buildout/agents/PassengerWatchdog) does not exist. This probably means that your Phusion Passenger installation

というエラーが出てしまう点で、それは結局はnginx.confのレシピのpassenger_rootの設定が間違っているためでした。
検索すると、SELinuxをdisableしろみたいなStackOverFlowがあるのですが結局は関係ありませんでした。(私は何も変更してないです)

その対応方法ですが、公式ドキュメントのここを読むと
2.3.3. Inserting passenger_root into nginx.conf

$ passenger-config --root
コマンドでnginx.confに設定すべきpassenger_rootがわかるのでご自身の環境に合わせてください。  

$ passenger-config --root
  /usr/local/share/ruby/gems/2.0/gems/passenger-4.0.48

passenger4nginxのレシピを変更しなければこうなるはずです。


このまま$ git cloneされるなら、コマンドは簡単です。
まずはいつも通り、knifeコマンドがssh出来るよう .ssh/config に設定を記載
$ vi ~/.ssh/config

Host server  
  Hostname 0.0.0.0  
  User ec2-user  
  IdentityFile ~/.ssh/server.pem`  

sshが通ることを確認して
$ knife solo prepare server
$ knife solo cook server


今回の全レシピはここにあります
rbenvとnginxのコンパイルに超時間がかかるので、お昼休み前に実行される事をオススメします。

P.S
あとこの記事からMarkdown記法に変えましたw